大好きな杉内俊哉投手が引退した話

本日は完全に僕の自己満記事です。

朝衝撃的なニュースで目を覚まし、二度寝をしました。

ダイエー、ソフトバンク、巨人で大活躍した杉内俊哉投手が引退するとのこと。

拾い画像ですがこのお方。

「しなやかなフォームが魅力」

「繰り出すボールがこれまた魅力」

誰が言ったか知らないですが、

ほんまその通りだと思います。

僕が野球をやってた頃に、

バリバリ大活躍していた投手。

しかしちょうどその頃は、

松坂大輔投手、斉藤和巳投手など

各球団で絶対的な本格派のエースピッチャーが多い時期だったので、

周りのみんなの憧れはそっちに行っていました。

みんなやっぱり速い球投げたかったですし、

もちろん僕も投げたかったですしね。

しかし杉内投手は違う。

他のピッチャーとは違い、

球の速さは普通。

しかしバリバリ三振を奪っていく。

投球術が抜群にうまかったんです。

19歳の時に対戦した巨人の坂本勇人選手が

「こんなピッチャーどうやって打つんや…」

って思ったらしいです。

いかにバッターに打ちにくいように投げるのか。

そこを極めた最高の投手だったと思います。

特に僕が憧れたのは、

「水をしならす」と形容する投球フォーム。

普段は力は0%しか入れない。

力はボールを放す時だけ100%の力を入れる。

当時驚愕した記憶。

しかしそこを意識してから、

力あるボールが投げれ、

コントロールも安定し出した記憶があります。

もうずっと杉内俊哉の虜。

大学で仲間内で野球するために作ったユニフォームの背番号も「47」

社会人になって先輩たちと野球するために作ったユニフォームの背番号も「47」

僕のなかでは「47」は杉内なんです。工藤じゃない。

僕が見た中では最高の左腕。

巨人の田口、阪神の岩崎も杉内になれる素材だと思って楽しみにしてます。

最後に僕の大好きな杉内俊哉の動画を載せておきます。


アーカイブ