テレビ朝日系列「激レアさんを連れてきた。」から学んだ3つの考え方

August 5, 2018

 

久しぶりの更新になりました。

 

忘れてた訳ではないんですが、

シンプルに更新する時間がありませんでした。

 

 

記事のネタ自体は無限にあるので楽しみにしていてください。

 

 

相変わらず暑い日が続いてますね。

 

相変わらず室内は寒いです。

 

 

 

カフェから外に出た瞬間にメガネが曇る現象に最近悩まされてます。

 

 

皿を洗ってる時水を出しているはずなのに、

ぬるめのお湯が出てきます。

 

 

サニー極寒じゃないですか?

 

 

みなさん体調には引き続きお気をつけくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて本題ですが

みなさん「激レアさんを連れてきた。」という番組をご存知ですか?

 

毎週月曜日11時15分より放送中の
オードリーの若林正恭さんとテレビ朝日アナウンサー弘中綾香さんが出演している番組です。

 

2週間くらい前の放送で、


「余命一年と宣告されたけどある事を極める為、
単身アメリカの路上で武者修行を敢行し3億人の頂点に立った人」が放送されたのですが、
その内容があまりにも学ぶことが多く、参考になったのでご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

そもそも「激レアさんを連れてきた。」って何やねんって方に簡単な説明を。

 

 

世の中の珍しい体験をした人、いわゆる「激レア」な人をスタジオに呼んで、

弘中ちゃんが自作の道具を使って「激レアさん」をプレゼンする番組です。

 

 

そもそも私は、弘中ちゃんの可愛さと、

ミュージックステーションでは全く見せないはしゃぎっぷりのギャップで癒される目的で

ずっと見ていたんですが、

 

 

 

珍しい経験で人生を成功させている人の思考・考え方は非常に参考になる。

 

本質はそういう番組なんじゃないかなって思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

本日紹介する内容は

「余命一年と宣告されたけどある事を極める為、
単身アメリカの路上で武者修行を敢行し3億人の頂点に立った人」

 

ヤザワさんという女性でした。

 

5年前の31歳の時にガンが発覚し

手術しなければ余命1年と宣告されたとのこと。
 

 

この人がすごい。

 

 

 

① 何事にも固執しすぎる性格

 

 ■幼少期にレゴブロックを高く積むと決めて、

  天井を突き破りたくなってお母さんに相談したら怒られる

 

  1Fの高さを積み終わり天井に穴を開けようとしたが、当然のように怒られる。

  仕方なく2Fの同じ場所からスタート。

 

  ここでヤザワさんの結果にコミットする性格が垣間見得ます。

 

 

 ■幼少期にお母さんにリモコン触るなと言われ、今も守ってる

 

  リモコンは自分が触るものじゃないと落とし込んだそうです。

  しかも今まで実施しているとのこと。

  

  おかげで能動的にテレビを見ることはなく、

  知っている芸能人は舘ひろしさんだけだそうです。

 

 

 

 などGRIT力、コミット力、やり切ると決めたことをやり切る意思が半端ない

 私にも分けてくれ。

 

 

②1年間で10個新しいことに挑戦するヤザワルール

 

 

 固執しすぎる性格がやばいと思ったヤザワさんは、

 中学1年生の時に、

 「1年間で10個新しいことに挑戦する」

 

 という新しいルールを決め、

 それを今まで固執して続けているとのこと。

 

 たまに1年間10個が危うくなってマジで12月が師走になることもあるそうです。

 

 それもあってか途中から、

 「新しいことは嫌でもやる。」

 

 ってルールにしたそう。

 

 

 ここですごいなあって思ったのが2点。

 

 ■中1で自分の性格を分析して、改善策を打ち出し実施していること

 

  やばいっす。

  中1とか何考えてたかわからん。

 

 

  就活生とかでも自己分析できてないやつ山ほどいるのに

  中1て。

 

  そんなんできんやん普通。

 

 

 ■ここでも結果にコミットする力がやべえ

 

  やりきりますよね。

 

  年末に畳み掛けるという自分の傾向を分析して、

  ルール改善するところもまたすげえ。

 

 

③バックギャモンっていうボードゲームに出会う

 

 

 ある日エジプト旅行の写真を振り返ってたときに、

 

 「写真に写ってるエジプト人がもれなくボードゲームをしている」

 

 って思ったそう。 

 

 そこで調べてみると、

 

 

 

 バックギャモンというスゴロクみたいなボードゲームとのこと。

 

 バックギャモンの説明はめんどくさいので、

 

 

 こちらで。

 

 

 とりあえずヤザワさんは

 バックギャモンが初めましてだったので、

 

 ヤザワルール「新しいことは嫌でもやる。」が適用され、

 とりあえずしぶしぶやってみることに。

 

 

 

 そしたらあれよあれよとどハマりして

 

 24時間バックギャモン状態。

 寝ても覚めてもバックギャモン状態。

 

 

 固執する性格のお目覚め。

 

 

 ・日本初のプロバックギャモナーで2013年世界ランク1位の人に勝利

 ・ラスベガス大会準優勝

 ・日本最高峰の大会優勝(史上初の、女性日本チャンピオンとのこと)

 ・日本代表入り

 

 

 

 初めて1年でここまで上り詰める。

 

 ちなみにバックギャモンプレイヤーの方達をギャモナーっていうみたいで、

 個人的に響きがツボ。

 

 

 このときまだ大学生だったとおもいます。

 

 すいませんそのあたりはあんま覚えてないです。

 

 

 

④順風満帆のギャモナー生活、そして重病発覚、余命宣告からの世界チャンピオン

 

 

 

 プロギャモナーの方との結婚等もあり順風満帆だったのですが、

 28歳の時に体調不良が始まり

 31歳で子宮体がんと診断され

 手術しないと余命1年と宣告されます。

 

 とりあえず手術を行うも、

 5年生存率が5割。

 

 

 普通の人は、

 「マジかよ… やべえよ…」

 って思うところを

 

 ヤザワさんは

 「ガン初めてじゃね?」「初めてやったことに1個追加できるんじゃね?」

 

 って考えたところがマジ激レアさん。

 

 

 とりあえず抗がん剤治療を行い、

 医者から当然

 「安静にしてね?」

 と言われるも、

 

 ヤザワさんは世界選手権に向けて、

 単身武者修行でアメリカへ。

 

 この思考回路がマジ激レアさん。

 

 

 ニューヨークのストリートギャモナーは一夜にして蹴散らし、

 一晩でニューヨークで敵なしに。

 

 

 全米中渡り歩き、修行を続け

 ついに世界選手権で優勝。

 

 

 そしてガン発覚から5年たった今も経過良好だそうで。

 

 

 

 

 

 

最後の方ちょっと適当に流してしまいましたが、

とりあえずすげえ。

 

■何事にも固執しすぎる性格

 

■1年間で10個新しいことに挑戦する

 

■新しいことは嫌でもやる

 

この3つはほんとに刺さった。

 

一見簡単そうに見えて、

しこたま難しいこと。

 

それを幼少期からやってるとこマジリスペクト。

 

 

私も少し参考にしていければと思いました。

 

 

 

 

 

ちなみにヤザワさんが次にやろうと思ってることは、

 

 

ドラクエだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

​©️ 2020 Feliete  All Rights Reserved